News & Events

  1. HOME > 
  2. ニュース & イベント > 
  3. ベネズエラにおける国民的対話
ベネズエラにおける国民的対話の写真

2016/11/18

ベネズエラにおける国民的対話



ベネズエラのボリバル主義政府は、2016...

ベネズエラにおける国民的対話

161107_01

ベネズエラのボリバル主義政府は、2016年10月30日、カラカスで野党との国民的対話プロセスを開始しました。ボリバル主義革命に反して社会・経済の不安定化を図る動きを食い止め、立法以外の国の権力の活動に関する国会の行動、憲法の尊重、生産活動の再興などを含めて政治的共存を取り戻すため、平和への努力を共に行うことを目的としています。

政府は、ベネズエラの社会・経済的な主要課題の解決のため今回の政治対話を推進してきており、そのためラテンアメリカ諸国の指導者による対話の仲介の動きを支援してきました。対話の調整役となっているのは南米諸国連合(UNASUR)、さらに今年10月のニコラス・マドゥーロ大統領とフランシスコ法王との会談後には、バチカンの参加も決定しています。

政府及び野党連合「民主統一会議(MUD)」で構成される野党派は、国民的対話を進めるにあたりテーマ別に4つの分科会を設置しました。対話には政府代表と野党代表、及び国際仲介団として、法王聖座を代表してクラウディオ・マリア・チェッリ猊下、元国家首脳のレオネル・フェルナンデス氏(ドミニカ共和国元大統領)、ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ氏(スペイン元首相)、マルティン・トリホス氏(パナマ元大統領)、UNASUR事務局長のエルネスト・サンペール氏が参加します。

第一回会合では、対話の基本方針として仲介団による提案(対話のテーマ、方法、スケジュール)が承認されました。4つの分科会の調整役は仲介団からそれぞれ1名が務め、政府・野党から各1名の代表が参加します。また、政府・野党はそれぞれ州知事1名及び技術顧問を任命することができます。

政府代表としては、ホルヘ・ロドリゲス氏(カラカス首都特別区リベルタドール市長)、デルシー・ロドリゲス氏(人民権力外務相)、エリアス・ハウア氏(社会統一党(PSUV)国会議員)、タレク・エル・アイサミ氏(アラグア州知事)、ロイ・チャデルトン・マトス氏(米州機構大使)が対話に参加します。

一方、野党側からは、ヘスス・トレアルバ氏(MUD事務局長)、カルロス・オカリス氏(正義第一党)、ルイス・アルキレス・モレノ氏(民主行動党)、エンリ・ファルコン氏(ララ州知事/革新進歩党)、ティモテオ・サンブラノ氏(新時代党)が参加します。

政府・野党の対話プロセスにおいて設置された4つの分科会は次のとおりです。
1. 平和、法治国家及び国民主権の尊重/調整役:ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ氏(スペイン元首相)
2. 真実、正義、人権、被害者補償、和解/調整役:バチカン代表者
3. 経済、社会/調整役:レオネル・フェルナンデス氏(ドミニカ共和国元大統領)
4. 信頼関係の醸成、選挙スケジュール/調整役:マルティン・トリホス氏(パナマ元大統領)

11月12日に開催された第2回全体会合では、5項目からなる共同声明に合意し、その中で双方がロードマップを実行に移すことを約束しました。ロードマップでは、国会(現在野党が多数派)が立法以外の国の権力を尊重しない状況が発生したことを踏まえ、憲法に定められた国の各権力の権限を完全に尊重し、各々の機能が果たされることを目指します。また、現在のベネズエラの経済情勢を乗り越える対策の採用、及び物資の供給状況の改善に資する国民主権の尊重を目指します。

具体的な合意事項のうち以下の点が特筆されます。

1) 経済分野:医薬品や食糧の供給に向けた対策を通じて、ベネズエラ経済へのボイコットと闘うため共同して取り組む。この現象は、基本的な医薬品・食糧の不足や、国民に影響しているこれら物品の国内市場での流通が原因となっている。
2) 政治分野:国会が最高裁判所より言い渡された法廷侮辱状態の解決を前進させる。特に、2015年12月の国会議員選挙においてアマソナス州選出議員の選挙に不正があったことに関し、管轄の国の権力に対して緊急にこの状況を解決するよう求めることで一致した。また、2016年12月に任期満了となる全国選挙評議会(CNE)の理事2名の任命に関しても合意した。
3) 国民主権:ガイアナとの間で領有権に論争のあるグアヤナ・エセキバについて、ベネズエラの合法かつ不可侵の権利を守るとの一致した立場を維持した。(19世紀からのベネズエラの歴史的主張に基づくもの。)
4) 最後に、共同宣言「平和の中に共存する」を採択した。共同宣言の目的は、ベネズエラ・ボリバル共和国憲法に定められた価値と原則を守り、国民的対話をより強力にすることである。

ベネズエラ大使館公式SNS

Friends of Embassy

SHAREこの記事をシェア
  • facebook
  • twitter
  • Google+
  • Pinterest